人気が増す投資の世界!商品選びも重要

若い年代から投資をスタートさせることは、極めて有意義なことといえるのではないでしょうか。先ずは、見よう見まねのレベル感であったとしても良いかもしれません。「投資は怖い」などと端から投資に嫌悪感を示す人も少なくありません。しかしながら、近年における投資を取り巻く環境については着実にフォローの風が吹いています。「貯蓄から投資へ」のスローガンをもとに、多くの人が積極的にリスクを容認するようになってきました。 多くの人の投資への気運が盛り上がりを見せる背景として、銀行などの金融機関に預けても金利がほとんど付加されないことが挙げられます。信じられないほどの低金利時代になっているのも純然たる事実です。銀行などの金融機関の金利を上下させるのが、日本銀行の政策であることをご存知でしょうか。日銀総裁をトップにした金融のプロたちが、進むべき方針を決めることになります。ここ数年では、いわゆるマイナス金利を実施しているため、結果的に銀行金利はかなり低く抑えられているのが現実です。今から30年ほど以前であれば、金利はかなり高かったため、黙っていても、ある程度の預金があれば、良い思いができました。その当時から比べた場合、雲泥の差といえるのではないでしょうか。 株式投資や仮想通貨、FX投資などのようなハイリスクハイリターンの投資には、手を出すことが無理な人も少なくありません。そんな人には、債権投資がお勧めといえるでしょう。債権投資といえば、国債や社債などが代表例として挙げられ、極めてローリスクなことが、特徴です。先述した銀行預金と比較すれば、少しはましといった程度です。「株式投資は勇気がなくて無理」という人には、投資信託がうってつけかもしれません。投資信託とはさまざまな金融商品を組み合わせて運用することで、高い金利を得るチャンスが広がります。多くの投資信託は、株式を組み入れるため、リスクがつきものです。株式相場が上昇局面であれば、思わぬ利益を手にすることもできますが、反対に株式相場が冷え込んでいれば、損失を被ることになるでしょう。最近では、多くの種類の投資信託があるため、慎重な人も心配無用です。株式相場に組み入れるのではなく、債権を投資対象にするタイプの投資信託もあります。 株式投資の場合、投資先の企業が倒産することにより、一気に資産を失うケースも少なくありません。しかしながら、投資信託はそのようなことは通常あり得ません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です