単利よりも複利の方が有利なバイナリーオプションとそのドローダウン

バイナリーオプションは、2つのやり方があります。単利もしくは複利でお金を稼いでいく方法があるのです。基本的には、後者の複利で利益を稼いでいく方が良いでしょう。単利にするよりは、利益率が高めになるというデータもあるからです。

バイナリーで稼いだお金は複利で運用

バイナリーオプションは、チケットを買って利益を得ていく商品になります。指定倍率の利益を稼ぐ事ができますが、原則として2倍になるのです。ですから500円分のチケットを買った時には、単純計算で500円の利益が発生する形になります。
複利とは、その500円を投資資金に充当していく方法です。多くの方々は、バイナリーオプションで稼いだお金を生活費などに使っていますが、それでは口座の資金をなかなか増やせません。生活に使うのも悪くありませんが、利益率が伸び悩んでしまうデメリットがあります。それに対して複利の場合は、投資額を大きくする事ができますから、利益額を高めていけるメリットがあります。

複利の方が有利というデータもある

ところで複利と単利は、よく比較されています。その数字データが比較されているケースも多いですが、複利の合理性はデータによって証明されているのです。
熱心にトレードを続けている方は、色々な方法を試行錯誤していることがあります。単利と複利もそのテーマの1つで、どちらの方が稼ぎやすいかデータ比較している方もいるのです。
それによると、少々興味深いデータがあります。1ヶ月ぐらいバイナリーオプションで取引してみて、単利でお金を運用してみたところ、利益率は30%台後半という結果になりました。ところが複利の場合は、利益率は40%台後半になっていたのです。この差は大きいです。
1ヶ月程度でそれだけの差が生じる訳ですから、半年や1年ぐらいは運用を続けていけば、かなりの金額差になると見込まれます。複利は、調子が良ければかなりお金を増やせる方法だからです。

複利の投資はドローダウンは要注意

ただしバイナリーオプションで複利で運用するのは、1つデメリットもあります。最大ドローダウンの金額は、若干大きくなっていくからです。それも当然で、複利にすればチケットの購入額も大きくなります。一気に大きなお金を動かしていく事になりますから、必然的にドローダウンも大きくなる訳です。
ですから複利で運用するなら、リスク対策は欠かせません。他の投資商品も同様ですが、リスク対策を怠らないよう注意が必要です。逆に対策を怠らなければ、大きくお金を稼げる可能性を秘めているのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です