株式会社Rafio(鹿久保光宏)のマネーバンク極で学ぶ 株の賢い買い方とは

株式会社Rafio(鹿久保光宏)のマネーバンク極で学ぶ 株の賢い買い方とは

近年、投資というのはとても身近なものになっています。
株などは投資の方法として知られてはいますが、まとまった投資金額がなければ投資を行うことができないと思われているかたも多いはずです。しかし、株においても手軽に始められる投資として知られています。 高額投資ではなく、少額から始めることができる株も増え、近年ではネットで更に手軽に株への投資を行うことが出来るようになっています。投資資金がなくても、ポイントを使った株投資なども注目を集めており、証券会社に行かなくても株への投資を選択することからネットで行うことが出来るため、空き時間に株の取引を行うことができたり、購入もとても簡単にできます。 しかし、簡単に始められるからと言って、簡単に儲けを出すことが出来るかというと難しいもので、そこにはリスクが生じます。そのリスクを出きるだけ減らすためにも、投資する株は分散して購入することが大切です。多くの人が投資する資金を多くかけた方が返ってくるお金も多いと思い、これだと思った株に全投資額を投資するというような人もいますが、絶対に儲かると思っていた株が何らかの要因で下落することなど株の世界ではよくあることなのです。 そのため、資金を分散して株をいくつか購入することで、片方が損害を受けたとしても、他の株で儲けを出すことが出来たら損失を防ぐことが出来るからです。株のプロのなかで1つの株に集中して投資をするというような人はいません。プロの買い方としては投資先を分散することによって損害をおさえる、多く稼ごうとするのではなく、確実に損をしないための工夫をされているのです。 株は秒単位で変動をチェックしなくてはならないと思われており、売り時を逃してしまうもすぐに損をしてしまうというようなイメージがあるかもしれませんが、株は長期の保有をしていると株主優待制度が取り入れられるケースもあり、すぐに手離したりしなくてもいいのです。 株というのは難しい、始めるためには多額の資金が必要だというようなイメージはすでに昔の話となっています。現在はネットを通じて株の取引を行うことが出来、だれでも少額からでも株主となることが出来るのです。 株の人気が高まっているときに購入をされるかたもいますが、実は株の買い時は株が下落しているときです。経済状況が思わしくない、株価が下がっているというような時に購入すると、あとは快復して株価が上がるのを待つことが大切です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*